誰も知らないやり方で

音楽とか映画とか本とか日常をネタバレありで考察するブログ

音楽

フリースタイルダンジョンは八百長ではない

※前回までのあらすじ 今週のフリースタイルダンジョンでついに晋平太VS漢が実現! いやー、ダンジョン史上最高のバトルでしたね。 リミッター解除し、全盛期以上のパフォーマンスで晋平太を圧倒した漢さん。 「これはミスターフルボッコですわ、余裕のクリテ…

【映画】ターミナル【ベニー・ゴルソンのサイン】

スピルバーグほど映画業界全体に多大な影響を与え、大きく貢献している人物はいないのは事実だが、個人的に好きな作品は少ない。 私が映画に求めているのは「音楽とコメディ」なので、SF兼ミリタリーオタクのスピルバーグとは相性が悪いわけだ。 今作はその…

フリースタイルダンジョンのモンスターがMステに登場、そんなことより志人の証言がヤバイ

先日フリースタイルダンジョンのモンスターが『MONSTER VISION』という曲でミュージックステーションに出たから10年ぶりぐらいに当番組を見たのだが、共演者達を見てこれが今のメディアが想定している一般的な『ミュージック』なのかと呆れかえった。 いやま…

「どんな音楽聴くんですか?」という永遠の愚問

初対面で単刀直入に趣味を尋ねてくる人間なんてあまり信用できないが、聞かれた以上は答えなきゃならんのが社会人というもの。 だから「音楽聴いたり映画みたりするのが好きです」と答えるのだが、その後さらに「どんな音楽聴くんですか?」と聞かれるのがも…

なぜ晋平太は審査員を降板し、挑戦者として再登場したのか【フリースタイルダンジョン】

はい、とうとうフリースタイルダンジョンに晋平太が登場しましたね。 ファーストシーズンでは審査員だった晋平太がなぜ降板し、そして今回挑戦者として再登場したのか? 今更とやかく言うのもなんですが、私なりに簡単にご説明します。 日本で最も有名かつ権…

【映画】ソウルガールズ【地獄の黙示録ミュージカル】

いやあ面白かった。 私が映画に求めているものはコレですよ。 コメディタッチで、テンポがあって、少しペーソスがあって、ポップソングをガンガンかけてくれればそれでいいの。 この作品、映画としての完成度は正直言ってそれほど高くはない。 人種差別問題…

【映画】レイ【似すぎ】

天才レイ・チャールズの自伝映画。 今作におけるジェイミー・フォックスのなりきり演技があまりにも衝撃だったため、その後「そっくりさんによる有名ミュージシャンの自伝映画」が多く作られるようになった。 エポックメイキングというやつである。 クインシ…

音楽はリズムで聴かなければ意味がない

音楽ジャーナリスト宇野維正さんのツイートに「日本人は『音楽好き』は少ないけど『歌好き』が多いという国民性なんですよね…」というのがありまして、私が日本のリスナーに対して抱いている違和感と同じだなと思った。 オリコンチャートを見ればわかるよう…

中山康樹とビーチボーイズとクワタと

亡くなられた中山さんの著書は彼自身の自伝も含めて20冊ぐらい読んだことある。 手元にあるのは8冊ぐらいかな。 20年ぐらい前、雑誌で萩原健太や佐野邦彦と共にビーチボーイズ対談しているのを読んだのが彼を知るきっかけだった。 私にとって音楽の良き先生…

なぜ呂布カルマはオタクを痛烈にDISしたのか?

ラッパーの呂布カルマが「オタクきもい」とツイートし、ぷち炎上した件について(この場合のオタクとは『二次元美少女萌えオタク』の意)。 呂布カルマがああ見えて「実はかなりバランス感覚のある人間」なのは言うまでもない。 なのになぜわざわざそんな「…

【社畜】サラリーマンは人間ではない

忌野清志郎は原発問題で新譜が発売自粛になった際、融通の利かないレコード会社の人間を「生まれた時からサラリーマンみたいな連中」と非難した。 「生まれた時からサラリーマン」的な人間はどこにでも存在する。 ウチの職場にも、ネクタイを締め、方々で頭…

般若がラスボスである理由【フリースタイルダンジョン】

フリースタイルダンジョンを見始めた人が最初に抱く疑問、「なぜR指定がラスボスじゃないのか?」について考察します。 「バトルMC」というワードがある。 本来はMCバトルに出場するラッパーを指す言葉だが、バトルでは強いけどこれといった持ち曲がないMCを…

くるりとナンバーガールとスーパーカーについて今更語る

2000年前後の音楽雑誌(いわゆるロキノン系)ではナンバーガール、くるり、スーパーカーが御三家扱いされていた気がする。 その中で言えば、くるりは最初からけっこう好きで、フロントマンの岸田繁さんと一度個人的なやり取りをする機会があったため、よく聴…

「日本人のラップは黒人の真似事にすぎない」という批判について

フリースタイルダンジョンや高校生ラップ選手権などのMCバトルブームで注目されたためか、よくも知らないくせに日本語ラップに文句をつける人が増えたので書きます。 かつて為末大が日本語ラップを扱き下ろし、ライムスの宇多丸らが反論したプチ炎上事件があ…

呂布カルマがR指定に敗北宣言した理由【フリースタイルダンジョン】

※前回までのあらすじ 【四試合目。R-指定戦】 「全力で潰す」という宣言通り、R指定が呂布の良さを消してほぼ完封しましたね。 前代未聞の切腹で決着、ボロが出始めていたので早々に切り上げた呂布カルマはさすが。 三国志の呂布と違って、撤退を心得ている…

呂布カルマ、フリースタイルダンジョンで大暴れの巻

とうとうフリースタイルダンジョンに呂布カルマ(ヤングたかじん)が参戦! というわけで、待望されていた彼の進撃を検証し感想を書きます。 【一試合目。漢 a.k.a. GAMI戦】 私はMSCのヘッズなので、ぜひとも勝ってほしい所ですが、ダンジョンの漢さんは正…

第11回高校生ラップ選手権の感想とMCバトルの行方

うーん・・・名勝負はあったが、正直ピンとこないバトルも多かった。 出場者やスタッフの入れ替わりもあった中、関係者がベストを尽くしたのは称えるけど、MCバトル自体がもう消費されつくしているから新鮮味がない。 ピークはとうに過ぎてる。 いや、サザエ…

私を構成する9枚を解説

Twitterの定番ネタ、「#私を構成する9枚」をやってみました。 左上から解説していきます。 【大滝詠一 - NIAGARA MOON 】 ロンバケよりも断然こっち。 大滝のファーストアルバムを聴いた細野晴臣から「メロディとリズム、どちらを重視するかはっきりした方が…

君は増田壮太を知っているかい?

いや私もよくは知らないんですが。 Base Ball Bearの小出祐介さんが岡村靖幸さんに勧めていたので聴いてみた。 私はJBやスライやNasを信奉している身ですから、いわゆるギターロックからは遠ざかっているんだけど、YOU TUBEで一聴して「これはガチ」だとわか…

保母大三郎はどこへ消えた?

私がミュージックマガジンを読むのを止めたのは、数年前の保母大三郎氏降板がきっかけ。 保母大三郎という人は、MM誌上でやりたくもないアイドル音楽の批評(正確に言えばJ-POP全般の批評)を毎月強制的にさせられていた音楽評論家なのだが、他の媒体で音楽…