誰も知らないやり方で

音楽とか映画とか本とか日常をネタバレありで考察するブログ

【漫画】転生したらヤムチャだった件【超より面白い】

f:id:trodan:20170509231448j:plain

中編までの感想。

私はいわゆる「転生もの」がラノベ臭くて嫌いだから敬遠していたのだが、読んでみたらかなり面白かった。

これが無料っていうのは勿体ないなー。

 

まぁ面白いのは当然っちゃあ当然。

だって、ようするにドラゴンボールのダイジェストをヤムチャ視点で語り直しているだけなんだもの。

素材の味を上手く活かしている。

逆に言えば、アニメの『ドラゴンボール超』は原作を蔑ろにしてるからダメなんだよ。

絵が「全盛期の鳥山明とさほど遜色ない」というのも凄い。

 

ヤムチャが最長老様に能力を引き出してもらう」という展開も良いが、その後ちゃんとネイルに修行つけてもらったり、それ以前に亀仙人やカリン様との特訓を敢行している辺り、修行の重要性をわかっているのがエライ。

ドラゴンボールドラゴンボールたらしめているのは「修行」なのである(まぁブルマとつきあうというのは全ドラゴンボーラーの夢だから、やる事やっときゃよかったのにとは思うが)。

 

そして、ヤムチャが必死で修行しても、ベジータを一人で倒すほどには強くなれない」というラインが絶妙。

潜在能力的に、やはりクリリンが地球人最強だったわけだ(鼻が無いからクリリンも宇宙人なのかもしれないが)。

 

次回予告で「ループもの」のような展開が示唆されていたが、もう一人の転生者はたぶんチャオズだろうなぁ。

おそらくここからが本当のオリジナル展開になるはずだから、期待してるぞ。

 

【評価】70点

【作者】ドラゴン画廊・リー