読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も知らないやり方で

音楽とか映画とか本とか社会とかを考察してみるブログ。コメントはブクマでお願いしまスゥゥゥ

なぜ呂布カルマはオタクを痛烈にDISしたのか?

f:id:trodan:20170516090748j:plain

ラッパーの呂布カルマが「オタクきもい」とツイートし、ぷち炎上した件について(この場合のオタクとは『二次元美少女萌えオタク』の意)。

 

呂布カルマがああ見えて「実はかなりバランス感覚のある人間」なのは言うまでもない。

だから何でわざわざそんな「藪を突いて蛇を出す」ような発言をしたのかと不思議に思ったのだが、私も以前「オタクきもい」という記事を書いた事を思い出したので、「うーん、まぁ言っちゃう時ってあるよね・・・」って感じです。

呂布が重度の漫画愛好者で、少年時代から漫画家を目指し、漫画の勉強のために芸大へ進学し(その頃に少女漫画家の妻と知り合っている)、卒業後もフリーターをしながら執拗に漫画家を目指していたことはファンの中では有名な話だ。

 

呂布が書いていたのはすべて「喧嘩」に関する漫画だという。

板垣恵介高橋ヒロシ新井英樹谷口ジローなどの硬派な漫画が好きだった模様。

雑誌で言えば「ジャンプ」や「サンデー」ではなく、「チャンピオン」的な。

罵倒でのチコカリート戦で『ワンピース』を否定していたのも、彼がジャンプ派だからではなく、チャンピオン派だったからなのだ(てきとう)。

 

そもそも呂布カルマというのは三国志呂布に因んでつけられたネームなのだが、この場合の呂布コーエー呂布ではなく、横山光輝呂布ではなく、蒼天航路』の呂布であることに注目してほしい。

 

呂布カルマ」というのは、元漫画家志望のラッパーが生み出したキャラクターなのである(プロレス用語で言えば『ギミック』)。

ザ・ワールド・イズ・マイン』におけるモンちゃん、『バキ』における花山薫、そして『蒼天航路』における呂布、そういった「強さを象徴するキャラ」として、呂布カルマを演じているってわけ。

アルバムタイトルもそのものズバリ『STRONG』だったりするし。

 

彼がMCバトルにおいてネタを仕込まなかったり、「俺は既に完成品」と言ってのけるのは、花山薫の「鍛えることは女々しい」という発想と同じ。

花山薫なんだから、範馬刃牙であるところのR指定に完敗するのは致し方ない。

 

というわけで、人一倍漫画に対する思い入れと美意識を持っている呂布カルマが、安直な萌え礼賛を気持ち悪いと言ったのも無理のない話。

その後けっこう酷い事も書いてたんだけど、その辺は「売り言葉に買い言葉」にすぎないから、真に受けなくてもよかろう。

菊地成孔が言うように「キレた時の言動は頭が良かろうが悪かろうが皆そんなに変わらない」のである。