誰も知らないやり方で

音楽とか映画とか本とか日常をネタバレありで考察するブログ

【映画】幸福の黄色いハンカチ【ケン・タカクラ】

f:id:trodan:20170520225841j:plain

濃い、濃すぎる。

高倉健桃井かおり武田鉄矢、三人共芝居が濃すぎる。

クドくて胸やけしそうだ。

途中で出てきた渥美清があっさりして見えたくらい、主演三人がクドすぎる。

 

武田鉄矢がクドい演技をするのは知っていたが、桃井かおりがここまで大袈裟な芝居をするとは思っていなかった。

「傷心の女性」という役柄なのだが、どう見ても不審者である。

「女版田中邦衛と言っても差し支えあるまい。

 

音楽がたくさんかかるし(なごり雪はやはり名曲)、上映時間は適切だし、ロードムービー的情緒もあるし、話にメリハリもあって悪くはない作品なのだが、高倉健のキャラがただの基地外でしかないため、どうも腑に落ちなかった。

武田鉄矢にあれだけ偉そうに説教してたのに(ミットもないの件)、自分は路上で肩がぶつかっただけで人を殴り殺してたって・・・

しかも流産の過去があるってだけで嫁を恫喝するし。

刑期を終えたからといって、反省とかしてなさそう。

 

1977年 日本 108分

【評価】50点

【監督】山田洋次