誰も知らないやり方で

音楽とか映画とか本とか日常をネタバレありで考察するブログ

【映画】ソウルガールズ【地獄の黙示録ミュージカル】

f:id:trodan:20170529052841j:plain

いやあ面白かった。

私が映画に求めているものはコレですよ。

コメディタッチで、テンポがあって、少しペーソスがあって、ポップソングをガンガンかけてくれればそれでいいの。

 

この作品、映画としての完成度は正直言ってそれほど高くはない。

人種差別問題はさほど掘り下げられていないし、空襲シーンがガバガバだし、説明台詞は多いし、ギャグの詰めが甘いし、キスシーンや涙を流すシーンも必要以上に多い。

とくにデイヴが撃たれるシーンがテキトーすぎ。

身も蓋もなく言えば『地獄の黙示録』の劣化版なのだ。

 

だが映画のツボを外しているとしても、ソウルミュージックのツボをちゃんと押さえてあるんですよ。

ドリームガールズ』はそこがダメだった。

あの映画は歌に比重を置きすぎたため、演奏、リズム、選曲が疎かだった。

モータウン物語なのにサザンソウルだったりミュージカルだったりして、音楽面での考証ができていない。

ビル・コンドンは実のところ、さほど音楽がわかっていないんだよなぁ。

 

一方、ソウルガールズでかかる曲はツボを押さえており、演奏もほどよく仕上がっている。

長女役デボラ・メイルマンの演技は「完璧」の一言。

まさに親熊そのものである。

ややぽっちゃりしたシャリ・セベンズ(白人)もキュートで良い。

 

私のように「音楽大好きだけど、映画はそこまで好きではない」という方にはうってつけの作品。

女性版『ブルース・ブラザーズ』としてヒットしてほしかったなぁ。

 

The Sapphires - 『Sugar Pie Honey Bunch』

名曲中の名曲だから、とりあえずコレ聴いてみて。

 

2012年 オーストラリア 98分

【評価】80点

【原題】The Sapphires

【監督】ウェイン・ブレア