誰も知らないやり方で

音楽とか映画とか本とか日常をネタバレありで考察するブログ

ガチギレして晋平太の胸ぐらを掴んだT-PABLOWは最高だった【フリースタイルダンジョン】

f:id:trodan:20170628200226j:plain

※先週までのあらすじ

大いに物議を醸している「晋平太 VS T-PABLOW」戦。

パブロガチギレに関しては前々から噂が出回っていたので楽しみにしていたのですが、期待以上の内容でしたね。

おそらくテレビ放送できる程度まで編集されているのだろうが、それでも充分怖かった。

これこそ本当のコンプラ

 

個人的に近年のMCバトルブームに対して感じている不満として、「HIP HOPは怖くないですよ~」という宣伝の仕方がある。

「このホラー映画は怖くないですよ~」と言われたら観る気なくなるじゃん。

「このジェットコースターは怖くないですよ~」と言われたら乗りたくないじゃん。

私としては悪そうな奴をガンガン出して怖がらせてほしいのです(実際に悪かどうかはさておき)。

 

R指定やDOTAMAらナードが中核になってMCバトルブームが起こり、これまでラップのラの字も知らなかったアニメオタク界隈までラップを語るようになったわけだが、なんか音楽そのものが蔑ろにされている感じがとても嫌。

そもそも日本語ラップいとうせいこう近田春夫、メジャーで言えば佐野元春が源流になっているから、文化系要素が強いのは今更言うまでもない。

「実は怖くないですよ~、オタクでも親しみやすいですよ~」なんて売り文句をいつまでやらなきゃならんのか。

意図も必要性もわかるんだけど、なんか鼻じらむ。

 

DQNなHIP HOPを知りたければ、ラッパーの出演するバラエティ番組を鑑賞するよりスチャダラパー、ライムスター、PUNPEEをじっくり聴いてくれ。

そんでサグなHIP HOPを知りたければ入門として映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を観て、その後ドレー周辺をチェックしていけばよろしい。

日本語ラップで言えばMSCやSCARS周辺を聴いていけば間違いない。

音源やライブを度外視し、バトルとか周辺情報だけでHIP HOP云々言ってもしょうがなかろう。

 

閑話休題

2WIN(T-PABLOWとYZERR)の二人は元々川崎のガチ不良として名を馳せており、数百人の舎弟がいたそうな。

本職の方々からも大型新人として勧誘され、鞄持ちをしていたようだ。

「このまま893にはなりたくない、アナーキーのようにラッパーになりたい」と考えたパブロは第一回高校生ラップ選手権に出場し優勝。

しかしその後色々あり、いったんラップを諦めかけたが夢を捨てきれず第4回大会に出場し再び優勝。

ZEEBRAにその才能を認められ彼の主催しているGRAND MASTERに所属。

その後音源を出しつつ、フリースタイルダンジョンのモンスターとして活躍し、現在に至る。

双子の弟のワイザーも概ね同じ経緯ではあるが、インタビューによればワイザーの方がガチで悪かったようである(雰囲気から伝わってくるよな)。

 

晋平太との一戦。

パブロの「HIP HOPを広めるのは大事だが、本当に大事なのは広め方!」という主張。

私が聴きたかったのはコレですよコレ。

ラップCMもひとつの手段ではあるし面白いのもあるが、クオリティとか倫理的にどうかしているものもある。

例えばこういうの↓

これ何のCMだかわかります?

スピリチュアル云々って胡散臭すぎる。

ようするに霊感商法じゃないのか?

こんなもんラップで宣伝する意味ない、「CMなんぞ100万積まれても俺はやらんぞ」と蹴とばしたパブロのカッコよさ。

 

『ビートモクソモネェカラキキナ』に乗せて「お前できねぇだろ、TOKONA-Xに顔向け」で俺ジャッジではパブロ圧勝だったのだが・・・

さすがはフリースタイルゴッド晋平太、どれだけ凄まれても胸倉掴まれても押韻で返し、荒れた流れを立て直して勝ってしまった(Xポーズしてたし)。

トコナに近いのはパブロだし、B-BOYなのもパブロだが、試合として見ると要所要所でポイントを取った晋平太の判定勝ち。

まぁ競技化してるからしょうがない。

ここまでの三戦、晋平太は試合作りの上手さで勝ってるなぁ。

「晋平太と書いて晋平太と読む!」というフレーズは「俺が晋平太それがわかるか?」と同じぐらい意味不明で好き。

 

というわけでパブロがペータの胸倉掴んだり、オタクDISしたり、暴言吐いて退場したのは個人的には最高でした。

ラッパーはオタクに奉仕するアニメキャラではないのである。

ちゃんと怖がらせてくれてありがとうT-PABLOW。

 

※私の書いたダンジョン系の記事が最近よくパクられているんですが、パクるならパクった上でちゃんと創意工夫して差別化してください(警告)

 

BAD HOP - 『Life Style』

「俺らの音楽はライフスタイル」その通りだぜ!

 

※パブロ本人による後日談