誰も知らないやり方で

音楽とか映画とか本とか日常をネタバレありで考察するブログ

【ブログでつぶやく】そのさん

f:id:trodan:20170728101858j:plain

ツイッターから抜粋して加筆修正した小ネタ集です

 

・最近のツイッター界隈は政治の話題が多くて疲れる。

私は全然興味ないんですよ、政治。

「パヨク」とか「ネトウヨ」とか「マスゴミ」とか、その手のワードからしてうんざり。

政治なんて良くなるわけないじゃん、政治家は赤の他人。

他人にどうにかしてもらおうっていう考えが甘い。

金が欲しいんなら残業すればよろしい。

あえていうなら、日本は太平洋戦争で負けた時点でアメリカに吸収されるべきだったと思っています。

日本はこの先、早かれ遅かれ中国に完全侵食されるだろうから、そうなる前にアメリカの州のひとつになった方がよい

 

・べつに悪い事ではないが、自身はセクシャル・マイノリティでもないのに同性愛者への理解について熱心に語る人がよくわからない。

必要以上の当事者意識は、時として被害者意識を呼び起こすからほどほどにした方がよい。

マドンナみたいにLGBTをビジネスとして取り入れているのは利口だと思う。

レディー・ガガからはそういったビジネス臭さは感じないが、私はマドンナの方が音楽的に好きです

 

・脚韻決めて語尾を伸ばして「まくらのそうし~⤴」みたいな感じてラップするのはキモいしギドラメソッドの末路だから、そういうのナシでお願いします

 

・度々俎上にあがるツイッターの作法について。

ネットって基本的にフォローもリムーブもブロックも自由にやっていいと思うんですよ。

気にするような事か?

私は他の人のツイートってほとんど見てない。

他人の思考が流れ込んでくるのが煩わしくて疲れるから。

拡散されてきたツイートの前後を知りたくてたまに見に行くぐらい。

自分としては公開メモ帳みたいな感覚でつぶやいている。

世の中情報が多すぎる、他人のつぶやきを逐一脳に刻んでいたらそのうち頭がパーンって壊れますよ

 

・「服役囚だからこそできる表現がある」的な論調はあまり賛同できない。
それって「麻薬やったら名曲が作れるようになる」的な妄言だと思う。
元々才能ある人が服役したり薬やるんなら話は別だか

 

・私は多くのネット民が愛してやまない「2ちゃんねる」にも「アニメ」にも接していないが(幼稚くさいし画一的だから)、2ちゃん創始者ひろゆきに関しては卓見の持ち主だと思ってる。

どこかで意見を見かけると、ま~そうだよなぁと納得させられる。

有名なこの発言にしても、「ルイズたんハァハァとか何が面白いねん」の部分がマジ秀逸。

ひろゆき、ニュー速のアニメスレを完全否定 (sm5822694) - ニコニコ大百科

面白くないものを面白くない人達が面白いノリとして共有してるのは、傍から見るとものすごく面白くないわけで。

その感触を凝縮して「ルイズたんハァハァとか何が面白いねん」と表したひろゆきは明快

 

中山康樹の遺作はマルサリス本なのか。

中山さんがそれほどウィントン・マルサリスに思い入れがあったとは知らなかったよ。

まぁその当時マルサリスぐらいしか紹介しがいのある新生ジャズはなかっただろうからなぁ。

私はマルサリス好きじゃないです。

デビュー当時の作品やクラプトンとかウィリー・ネルソンとの共演作は何度か聴いたが・・・

上手すぎて疲れる。

真面目すぎて疲れる。

絶対に上司になってほしくないタイプだ。

彼のセロニアス・モンク路線もデューク・エリントン路線もよくわからんかった。

ストレートにモンクそのものを聴けばいいじゃないか。

ウィントン・マルサリスについて、村上春樹は「前戯だけ上手い人」と評していた。

これは言い得て妙である。

逆にジョン・コルトレーンオスカー・ピーターソンは「ALL本番」って感じで疲れる

 

空耳アワー

タモリの審査基準は「本当にそう聞こえるかどうか」にある。

爆笑したのに手ぬぐいだったりするのはそのため

 

・私はブライアン・ウィルソン細野晴臣小沢健二が何をやってもただ受け入れるのみ。

一生分楽しませてもらったんだから、ついていけない自分が悪い

 

WOWOWぷらすとのYOU TUBEアーカイブでよく「〇〇について言及してないからこの人は知ったかぶってる!」的なコメントがあるのですが、知っているけど言及する必要性がないとか、あるいは尺が足りないから語れなかったとか、そういう場合があるって何故わからんのか。

そもそもぷらすとメンバーって、ネット民が参照している情報ソースを作成してる人でもあるわけで、極端に言えば、鳥山明に対して「ドラゴンボールって知ってる?」と聞いてるようなものですよ

 

Madonna - 『Hung Up』